2017.11/27 今の課題
魔女狩りの記憶が何ものなのか???ずっと不思議だった。わかったぞ、私の今生の課題は、「誰にも解らない」とあきらめず、「言っても伝わらない」とあきらめず、最後まで語ることなのではないかな。理解するしないは相手の課題。私の課題は語ることなのだ。私の課題だけを私は全うすればいいのではないだろうか。それが、真実の課題なら、結果は自ずと付いて来るはず。
2017.10/31 夢の呪文
夢が叶う呪文は、リズムと繰り返しで自分のinsideにインストールするということを知った昨日の夜に、言葉が沸いてキターッ!!!!。「お宝、ザックザク!、お宝、ザックザク!お宝、ザックザク!」ふっふっふっ(笑)
2017.10/04 チャンスか否か
肩書きがどうであれ、好意的であれ、嘘や裏面がちらつく人とは、距離をとろう。距離をとっておこう。自分を信じて。
2017.10/04 ハラハラ
この、自分が遠い感覚は、あせりか?。自分に近づこう。自分を手放すな!。
2017.08/25 自分にやさしく!
「自分に優しくする」方法は、自分に「勇気づけ」の言葉をかけてあげること。私は「よく頑張った。」「人間らしい」「優しい」「幸せだ」。
2017.08/20 「自律」と「癒やし」
心理カウンセリングの目的は、「自律」。交流分析流。図に固着した感情の浄化が進めば、地にあった課題に目が向くという図地反転の理論を思うと、トラウマの「癒やし」という目的も、利にかなっている。短時間を考えると、後者を主に考えるのも、利にかなっている。しかし、本当の自由は「自律」にあるのも事実なり。
2017.08/06 痛みの正体は自己否定感
つらいとき、痛い時は、自己否定感が強い時なのだね。他人の言葉を否定的に捉えてしまうのも、自己否定感のなせるワザ。自己のことなのだから、気持ちがあれば、変えて行ける部分なのですね。
2017.07/25 離れて解ること
あぁ、私の目の疲れは、睡眠不足と長時間PC作業から来ていたんだね。何十年も慢性化してて解らなかったけど、そこから離れて初めてわかることもあるものだ。
2017.07/03 本音トーク
本音トークが出来る時間に感謝です。自分と出会える実感あります。私ってこんなところがあったんだぁ・・。本音トークの時間をありがとう。
2017.06/21 カラダも資本
カラダへの愛は未来への投資・・
2017.06/18 相手の変化を望む
君の希望は、自分の外にあるのかい? 外部準拠(共依存)だね。君の望みがあるならば、自分で叶えればイイじゃないか。
2017.06/12 伝えることの意義
「この人には伝わらない」と思うことがある。それでも、伝わらないだろうコトでも機会があるうちに、自分の考えとして伝えてます。今と違う、未来のために。自分と他人の未来の心のために。推測は否定的状況では、さらなる不安の要因になってしまうから、伝えることは大事。
2017.06/10 心理カウンセリングの目的
カウンセリング心理学が導くところは、「実現傾向の発揮」の支援と、「自律性」の支援なのだと、今の私は心理カウンセラーとして考える訳です。方向性を示すことも必要だと思う訳です、道さえ見えない混乱不安は、選択以前に自分の存在すら見えなくなってしまうから。私は照らそうと思います、見えなかった道があることを。
2017.06/09 「自信」と「自尊心」
「自信」と「自尊心」は違う。最近気になる言葉。
経験や場数を積んだことには自信はある。けど、「自尊心」は大事にされる経験から成長するもの。自己犠牲とは逆のベクトル。私も今、その転換期なのだろう。自己犠牲から自尊心への変わり目で多少揺れる。自分を守って良いのだと思えたり思えなかったり。自己犠牲はアダルトチルドレンの習性なんだよ。自分を守ることが他者を守ることに繋がる仕組み。
2017.05/18 自分のお世話
そう、人のケアより、自分のケアを!。私、結構人よりいっぱいいっぱいじゃん。自分の話聞いてあげている?。
2017.05/15 忙しい毎日
時間と合理性は深く関係している。合理性と幸福感はある一定を超えると相反する。その境界は、おそらく外部準拠と内部準拠の境界ではなかろうか。したがって、合理性に触れすぎると、外部準拠の要素が多くなり自分を見失いがちになる。かといって、自分の時間を持つために、ある程度を合理的に片つける必要性もあり、バランスが難しい。いづれにしても、自分や他人を大事にできる時間は、時間的な見積もりに入れた方がよさそうだ。
2017.04/11 私の存在、証明
私の存在を証明することは、宇宙人の存在を証明するとの同じぐらい難しい。だって、いまこうしている時も、目の前の君も夢や幻でないと、証明できないのだから。証明に焦点をあてるなら刹那。ただ、感じるだけ。証明するモノでなく、感じるモノ。“考える故に我有り“の原理。
2017.03/22 嘘は見破ってあげよう。
自分が子どものころ、自分の嘘を見破れない大人に、愛を感じましたか?。本当に自分を観ていてくれた大人は誰でしたか?。信頼出来るのは、見破る人?ダマされる人?。
2017.03/19 痛みの元凶「否定感」
否定感とは、必要な客観的な否定ではないのだね。人格のディスカウント(値引き)から生まれる否定感だったのだね。つまり、人格否定なのだね。つまり、「歪み」的否定なのだね。他者からの否定から生じるが、自己否定が一番苦しい。
2017.03/10 本当の自分
本当の自分の気持ちを知ってる?。実は自分の気持ちを無視してきたのは、自分かも。生きるため?外界に合わせて?、消えない寂しさは、見捨てられた本当の自分のさみしさ、おいていったのは、自分自身。本当の自分、認知してますか?。
2017.02/24 選ぶ痛み
「生きる」を選ぶ過程で、葛藤や不統合を統合する中で、価値観や概念を精査する過程で、自分の一部や他人の一部と決別する過程は、たびたびあるし、心の苦痛が伴うものでもある。苦痛は病巣を取り除く時もあるもので、病巣に向き合う勇気が「自分を生きる」を選ぶ勇気だったりする。
2017.02/23 感情
「悲しみ」が悲しみとして出せない場合の変換は、「喪失」か「怒り」か。喪失の場合は往々にして心(感情)の喪失を決意して固定概念をつくり、怒りは蓄積して他者や自分に向かう。「悲しみ」は悲しみのままに悲しみのうちに出せたらいいのに。
2017.02/19 回避ぐせの正体
思考や気持ちのベクトルは、2つ、勇気(愛)と、回避(防衛)。自分や他人やモノや仕組みを理解するには(自分の殻をやぶるたぐいの)勇気(愛)が必要で、回避(防衛)思考なら、避けて遠くなり近づくモノや思考や気持ちに壁を作る、自分の気持ちにさえも。回避(防衛)の強さの裏には、「認知のゆがみ」があるのだね。もっと言うなら、攻撃性は防衛の壁で、攻撃性の裏に回避・防衛があって、その中味は劣等感があって、それは「認知の歪み」と同様。「キレる」人のしくみ。
2017.02/18 うつの論理
疲れや不安や緊張が強いと思考が自動化・パターン化する。そのパターンが否定的ならうつ傾向になりやすい。その思考パターンが「認知の歪み」それが認知行動療法の論理。パターン化した否定的思考を繰り返すことで不安や緊張や疲れが更に強化されてしまうという悪循環なパターン。それを断ち切るために思考パターンを変えてゆくか、自分を不安や緊張や疲れから解放してやるか・・。
2017.02/04 自己嫌悪の種
他者嫌悪は自己嫌悪の鏡面投影というしくみ。自己嫌悪の要因は、自信のなさや外部準拠の要素があるけど、自己嫌悪の始まりは、否定的ストロークを感じ取った時なんだね。人は他人と無関係では居られないから、誰でも自己嫌悪に陥るんだ。幼児期のその受容されていない感覚が否定的自動思考の始まりなんだね。だから僕は言おう。君が感じるさみしさの意味をいつでも変えていけるように、「君のことを大好き」だと。
2017.02/04 感情の目的
「感情には目的がある」とアドラーの言葉。つまり、こういうことなんだね。感情には欲求が隠れている。たとえば、怒りの対象は遂行したいことの障害があり、悲しみの原因は優しさの喪失がある。ならば、感情を欲求(要望)に変換することもできる訳で、だから、アドラーは、「感情」はコントロール出来ると言っているのだね。感情の制御とはつまり、「感情を要望へ変換するスキル」なのかもしれないな。
2017.01/16 私とCG
私がCG制作が好きなのは、眼にはみえないけれど、私には解るもの、心やエネルギーの流れが表現出来るから、なんだ。
2017.01/04 努力は報われない
それは、外部準拠の法則。外部準拠はエネルギーの奪い合い。「君のため」、「認められたい」ため、は、外部準拠。その努力は「自分のため」100%だろうか?。
2017.01/03 絶望
25年前の私の学士卒論のタイトル「絶望について」でした。あの時の内容は確か、絶望は希望がないこと、形式的な論理は絶望に至る、が、その枠の外だか、今の私には気持ちや感覚がある、という内容だったなぁ・・今の言葉に置き換えて要約すると。結構真髄ついてるな(笑)。「当たり前」の世界の外に、希望はあるのだね。
2016.12/31 自己犠牲
自己犠牲は、管理の甘さでもあり、他者の自律の妨げでにもなるのです。
2016.12/30 固定概念、硬い心と頭
一番良い状態は、個々の出来事や状態に応用して、その都度判断して、柔軟に判断出来る状態。心や頭が硬くなってしまうと、意地をはったり柔軟に対応出来ず結果を得られず、努力が実を結ばないのです。が、心が硬くなったのはそれなりの理由があるわけです。心が硬くなってしまうほどの痛みや傷を経験したとうことでもあります。私にもそういう一面もあります。だからわかります。まぁ、その傷みや傷があったことに気づいてその傷みや傷に泣いているいる自分を手当してあげましょう!。どこが痛いのですか?お話し聴かせてください。
2016.12/27 コトの意味
快い感覚はもとより、心地悪い気持ちも出来事も、みんな意味があって、その意味を受け取ること(認知)が、行方の示唆なんだね。この壊れた眼は、ムリしていた私を意味しているんだね。休みたい、休みたいのだね・・今は。
2016.12/27 解散
言葉にできないいろんなことがたまって、目詰まりして、動きが取れなくなって、このままじゃ全部が止まってしまうから、またみんな1人1人が力を出せるように、一端、バラバラになってメンテナンスするんだね。
2016.12/26 今年の私の漢字
今年の私を、漢字1文字で表すと「己」。この年は私にとって、いつも後回しにしていた自分に気づいて、自分を再認識した年だった。私とは何者なのか、私の本質、私の生まれた理由、私の生きる理由、私のしたいこと、私に出来ること、私。
2016.12/07 ハイヤーセルフ
なるほど。ハイヤーセルフ状態とは、これまで身につけた知識や経験からの感覚が、自分の本質を信じて活かすために働いている状態のことなんだ。自己否定があっては、自分の素質を活かすに至らないね。長いこと、自分の本質と知識が分離していたね、傷の痛み隠していたんだ、さぁ手当してあげよう、見せてごらん。
2016.12/06 「否定」の逆
「否定」の逆にあるものは、辞書的には「肯定」だが、人間関係学的には、「理解」する、なのだろう。
2016.12/06 ネガティブの忌み
ネガティブの忌み。行動力や才能・能力を押し込めて殺してしまうものの正体は、ネガティブな感情でなく、ネガティブな思考なのだね。感情は自由でいい。感情を前に向けるか後ろに向けるかは、思考(認知)が決めてしまうから。ネガティブの忌みの正体は、否定的思考、無意識の否定的自動思考から来る行動、つまり、否定。
2016.11/30 気持ちの存在認知
何気ないその、気持ちに、励まされ、勇気づけられた。感謝です。一瞬の表情に、気持ちの存在認知が、そこに確かにあったんだね。
2016.11/29 劣等感のエネルギー化
その気持ちを、生きる原動力にするには、その劣等感の存在を認めてあげることから始まるのだね。劣等感はあっていい、否定しなくていいんだよ。
2016.10/20 忘れもの
忙しいと、つい思考が合理化(自動思考)してしまって、つい、本当の自分を忘れてしまいますね(笑)。本当の自分が答えを持っているのに・・。
2016.10/20 心の闇
心の疲れの元凶は、「自己嫌悪」、自己嫌悪の元凶は「否定的自動思考」。
心の闇のジレンマから脱出する方法は、
1)自分を好きなる。
2)否定的自動思考の認知を変える。
私が、今できることはどちらでしょう?。
こたえは、「自己肯定感」。自分を好きになることとは少し違いますね。自信を持つことと、好きなることは、似ているようで、ちょっと違うよう。ベクトルが違うようなきがします。外向き表現か中向き表現か。「自己肯定感」とは自己受容。今の自分を許容することですね。こんな自分でも、あんな自分でも。自分なのです。
2016.10/20 心が見えること
共依存を2種に大別すると、お世話好きと、かまってちゃん。お世話好きは共感力が強いと言われるが、実際は、自分の価値観を投影しているだけ、他者の心を見ているわけではない。他者の心が見えるのは、つまり、共依存の世話好きの共感力とは別物のスキルということになるね。心が見えるのは、共依存だからではないのだね。その答えは、経験値の違い。心の経験値からのスキルなのだね。
2016.10/15 共通点
共通点、たぶん、人の気持ちをひろってしまうところ。
2016.10/15 シンクロ
操作しなくたって、僕らはシンクロしてる。あるがままでいれば、必要な部分はちゃんとシンクロする。ストローク操作は防衛、恐怖は眼を曇らせる。前が見えないときは、大抵防衛の雲。ストローク操作はトラブルの元凶。
2016.10/15 気になること
気になっていたことに時間をとって向き合うと、次の朝ぐらいに謎の答えがやってくる。不思議だ。あの言葉はそういう意味だったのか。
2016.10/14 裸の心
人の心(気持ち)を動かすモノ、それは人の心(気持ち)。作品は心(気持ち)そのものだから人の心(気持ち)を動かすのだろう。交流分析、時間の構造化の「親密」と同じ。通じ合える濃さは心(気持ち)の濃さ。テクでも役割でも、成果でも権威でも欲でもない。裸の心(気持ち)。
2016.10/02 不快の原因
自分の劣等感を一端、棚に置けば、他人の不快な、変な行動が、防衛機制だと解ってくる。みんな同じ、無意識に鎧を身につけてしまってる。みんな同じ、みんな恐いんだ。でも、本当の自分を忘れないで。
2016.09/22 繋がっている選択
いろいろ気づくし、やりたいことも、やらねばと思うことも沢山ある。 でも時間は有限、体にも限界がある。だから、選択が必要で。最もな選択は、全体性に繋がっているもの。そこに無力な自分の存在意義を、流れを受けて繋げることで、感じられる仕組みなんだね。僕は、一部、誇りをもって。
2016.09/22 痛みの衝撃
痛みの衝撃は、ゆがみに気づくため、軌道修正するためにあるのだね。
2016.09/20 相性
相性が合わない人は必ずいる(←アドラー心理学)。心理学を学んで最近わかってきたのですが、私と相性が悪い人には、タイプがあるなぁと。それは、防衛の意図の人。特に、人をコントロールしたいタイプか、ストロークをコントロールするタイプの人。そう分析できると、相性の合わない人とは、適切な距離が出来た方がよいという結論になる。つまり、自分が自分らしく在る限り、結果的には上手く行くという説の肯定です。ふっふっふっ(笑)。
2016.09/18 インナーチャイルドセラピーを終えて
もう、自分の心に嘘はつかない。防衛の意図を休ませて、人と積極的に私自身で関わっていこう!。勇気(好奇心・向上心・研究心・学習)の意図、それが私らしい。
2016.09/18 「自分をいたわって」
対ダメージの時、「したたかに」より、しっくり来るスキル学んだよ。「自分をいたわって」の方が嘘がなくエネルギー化できるスキル。
2016.09/17 「気持ち(心)」と「考え(思考)」
「気持ち(心)」と「考え(思考)」、それらに矛盾や葛藤があるとき、あるいは、「考え」が吟味なしの自動思考化して、「気持ち(心)」がなくなてしまったとき、人は不具合を起こすものです。心を置き去りにしてませんか?、君の心どこにある?。君が気がかりです。
2016.09/14 半年前の私からの問いかけ
半年前に私が思い出したこと、「愛とは、理解すること」でした。自分はどれだけ愛に近い付いているでしょう?。どれだけ愛を取り戻したでしょう?
答え: 今は、自分を取り戻したところ。もう自分に嘘はつかない。
2016.09/14 私からの手紙
半年前の私から手紙が届いた。苦しんでいる、叫んでいる自分がそこに居た。託された今の私がここにいる。半年前の私のきしむような痛みと必死な気持ちをちゃんと見つめて生きていると思えた。誰に理解されなくても、私は自分を信じて、自分を生きる。
2016.08/31 ネガティブだって自分
自分のネガティブな気持ちを打ち消して無視して、自分を無視して、そして、他人を無視して、君はどこへ行く?
2016.08/21 共依存(外部準拠)
共依存(外部準拠)の人は目的が別にあるので、まがまがしく遠回りで面倒な人。続かない人。ニセモノの正体。あんたが本当にほしいモノは何だ?シンプルにそこに眼を向けて。
2016.08/21 不安
不安は心を止めるためのものじゃない。準備を深く思慮するためにある。
2016.08/21 生きる秘訣
他人の気分に巻き込まれないで、先進できる自分を保つことが、自分を生きる秘訣。
2016.08/10 ドキドキ・ショックの劣等感
「ドキドキ」「ショック」って単語、劣等感がある人は、悪く解釈するんだね。
2016.08/08 自己受容、他者受容
自分のことを話そう!。自分を知ってほしい。他者を認知してほしい。
2016.08/07 痛み
挫折とか失敗とか、嫌なこと、悔しいことは、自分の本当の気持ちを試すための機会、確かめる時なんだね、無意味じゃない。
2016.08/07 大事
大事なことは、心が伴っているか?。自分に嘘をついてないか?
2016.08/07 感情
感情は恐い?。いや、感情はコントロール出来るのだよ、知って受け止めてその先を歩く自分が一緒なら。
2016.08/07 スペシャル
みんな特別。みんな違うのだから。似ているようで皆違うのだから。
2016.07/30 ギター
私の印象だと、AGは、本気空間効果。ストーリー勝負。EGは、仮想空間演出。色彩的、情緒的シーン選出効果。
2016.07/30 命
いのちのか弱さと、もろさ、チカラを合わせることに、あたたかさ。
2016.07/28 メンタルと成功
メンタルの強弱は、その親のメンタルの強弱とほぼ比例するのでは? なぜなら、メンタルは幼児期(人格形成期)の親の影響が大だから。
成功率は、メンタルの強さと比例する。
2016.07/28 存在の禁止令
励ましてほしい。愛されたい。自分が生きていていいのだと、感じたい。
2016.07/24 人の世界の仕組み
他者受容が自己受容の源泉、それが愛の存在理由、愛の成長理由。人間が社会を形成する理由。人が一人では未来を繋げない理由。体も心も脳内物質も、人は人と生きる構造になっている。だから他者受容が世界の愛を生むという仕組み。君は君のまま、僕は僕のまま、受容して、受容する。
2016.07/22 心の栄養_ストローク
(嘘のない範囲で)肯定的ストロークを、惜しみなく与えよう!!。それが、人の心を豊かにするのだね。これがエンタメの仕事だね。私が笑顔を無くしたのは、否定的ストロークの渦の中に溺れてしまったからだったのだね。ここから脱出するために、自分にも肯定的ストロークの世界を作ろう!。ヤツと世界を別にしよう!。
2016.07/20 闇
闇に呑み込まれそうだ、このままじゃ。意識を強く持て。
2016.07/18 場違い
今日は、海の日。あぁ、私スキューバのイントラだったっけ(笑)。丘にあがった魚ですな。ここは砂漠。場違いだったのかぁ・・。
2016.07/19 励まし
私は暖かく励ましてほしかったんだな。みんなを暖かく励まそう!。繋がってるから。
2016.07/19 他者受容
ありのままを解ってあげること、理解すること。
2016.07/19 他者受容
他者受容は自己受容のはじまり。自己受容の裏付けは他者受容。みんなの自己実現のために、他者を受容することが大事。繋がっているから。
2016.07/14 無条件の他者受容とは愛
人間の心が育つためには、他者受容が必要なのですね。他者受容が「愛」なのかもしれません。ありのままを理解して認めること、他者受容の経験がないと、成長後障害にぶつかったとき、自己受容が困難になって、自分のアイデンティティーの確立がむずかしくなってしまうんですね・・。
他者受容って、実は、自分のアイデンティティーが確立してこそ出来ることなんですね。君と僕の違いを理解することだから。
2016.07/11 自己嫌悪は、他者嫌悪のはじまり
自己嫌悪は、他者嫌悪のはじまり。自己嫌悪は無理している自分。自己受容できていない状態。自分に厳しい人は、他人に厳しい。自己嫌悪は他者嫌悪のはじまり。対策は、自己受容!。クセのある自分を受け入れる。人にキツイ自分に気づいたら、自分に優しく!、これまでの頑張りを褒めてあげましょう!。結果じゃないよ!。
2016.07/10 知識と理論を用いる理由
異次元を活かすために、客観的的な自分を持ち続ける必要があるから、僕はこうなんだね(笑)。 見えぬ次元のモノを裏付ける行動力と冷静な理論が必要なのだね。自分が客観的な理論を用いて成し遂げることで、自分の世界を繋げてきたのだね。
2016.07/09 アンプ
Marshallはスベスベでつるつる。高貴な音で憧れますが、Hiwattの方が、命の音を活かす本命のパートナーのように聞こえた。
2016.07/09 見えないチカラ
共通点、夢のチカラ、こころのチカラ、気持ちのチカラ。だからエンタメを作ってる。僕の得意技は、見えないもの(エネルギー)の可視化。気持ちのチカラを伝えるために僕らはチカラを合わせるのだね。
2016.07/04 分厚い壁の起源
2012、力と数の制圧に負けた。それはとても理不尽だった。そうして私が守ったものは、今も活きている。けど、私の心(感情)が代わりに死んだ。そして領域に分厚い壁ができた。思い出した。そうして自分の心(感情)を見失ったのだろう。たぶん、あの時、もっと泣いたり怒ったりして、自分の気持ちを葬らなければ良かったのだろう。
2016.07/04 恋
さて、ここからが本番です!。魔法がきれた後も、好きでいられるか?。
2016.07/02 今の気持ち
ぎょぎょ、ちょっと時間かかったけど、出てきたぞ!、気持ち。そうか、悔しいんだね。悔しいんだね。頑張ったから・・。悔しいんだね。
2016.07/02 自己嫌脱出ワザ!
自己嫌悪から脱出するワザ!必殺「開き直り!」。「私は○○ですけど、何か?」(笑)
2016.07/02 自己嫌悪
私の心を焼き尽くすのは、自己嫌悪。私を封じ込めるのは、自己嫌悪。私を殺すのも自己嫌悪。自己受容してやればいいのだが、それに抵抗するのも自己嫌悪。他者受容が必要な訳がそこにある。人の介在が必要な訳がそこにある。閉ざしたら抜けられない。
2016.07/01 シンクロ
どうしてこんなに惹かれるのか解ったよ。君は僕のほしいもの(感覚のベクトル)を持っていて、僕は君のほしいもの(意志のベクトル)を持って、それを交換するために、引き寄せ合ってたんだね。交差(シンクロ)する時なのだね。もう恐くない。
2016.06/29 自己嫌悪
自己嫌悪は、エネルギーを最大に奪うものなのだね。立っていたいなら、自己嫌悪はほどほどに。
2016.06/27 音のチカラ
その音が入ってくる。私自身をシャットダウンしているのに、私を目覚めさせるのは、その音がエネルギー体だということなのでしょう。
2016.06/23 疲れてる
忙しい。疲れてる。しかし、交感神経MAXで、心身が休めない状態。さてどうする?・・・・。
優先順位はリラックスだね。自分でいれば、自分に丁度良い明日がやって来る。
2016.06/20 痛みの概念の対策
トラウマ?、「過去と他人は変えられない(交流分析語録)」。なので、解釈を(自律的に)変えることが有効です。
2016.06/20 痛みの概念
遂に出てきやがったな、トラウマ!。その概念も、負の思い込みだったのか、そんなもの捨てちまえ!。
2016.06/20 裸の心
「気持ち(心)の話を出来る関係」それが、親交、本当の交流でしたね。ならば、裸の心で向き合うということは、気持ちの話をしてもいいと。むしろ、気持ちの話をしましょう!と。
2016.06/20 感情を取り戻す
「悲しい」と、認識出来た自分。隔離した感情が戻ってきているのだね。
2016.06/19 自己受容
できなかった自分や他人を責めるのではなく、そこから可能性を見出だし、通過点として暖かい気持ちで許容する。
2016.06/17 点と点を繋ぐ線
私がアート活動を始めた頃から、「点と点をつなく線」という主旨でイベントや活動をしていた。そう、これは、私が進めるアート(精神活動)のテーマなのだ!。
2016.06/13 攻撃の対処
「攻撃」は、大抵の場合、否定コントロール(共依存症の症状行動)なのだから、ダメージを受ける必要性はない。不快であることを伝えても、解らぬようなら、物理的に距離をとる。心的なダメージを受ける必要はない。
2016.06/07 闇の光
私が愛するものは、「闇の光」。光の光ではなく、闇の闇でもない、紛れないその強さと気高さ。導く光。
2016.06/03 魅惑のチカラ
そうか、魅惑のドキドキとバクバクの、バクさんが、悪い夢(不安)を飲み込んでくれるのか・・。なるほど。そこが更に魅惑だったりする。
2016.05/31 空回り
努力が空回りしているときは、大抵、自分の心、他人の心を置き去りにしている時。
頭でなくて、気持ちのベクトルを感じれば、自ずと出口は見つかるはず。
2016.05/24 抱きしめる
「抱きしめる」とは、相手を感じたいという心なのだね。
2016.05/19 合理性の本質
情緒は、原動力の内的動機を誘発して、内的動機は、生きること、生かすことを誘発する。そして、情緒は、体験によって派生する。一見不合理な情緒だけど情緒を切り捨てた合理性はどんなに突き詰めても心までは楽にならない。なぜならば、幸福感や満足感や生きている実感とは、情緒の分野のものだから。
2016.05/11 探しもの
私が無くしていたものは、「自分」でした。 私の落とし物は、「自分」でした。 私が探していたものは「自分」でした。 本当の自分、今の自分。
「過去の自分」でなく、「理想の自分」でもなく、 今の、等身大の、若い頃よりも格好悪いけど、妙な深みのある、痛い「今の自分」でした。
2016.05/01 同じ
音楽でも、アートでも、裁量を突き詰めて行き着くところ。 「技術か?マインドか?」
心理カウンセラーでもまた同じ。両方必要でバランスも大事だけど、私は何をやってもやっぱり、「マインドでしょ!」って結論に落ち着くわ~。マインドを伝える技術力は必要なんですけど~。
2016.04/29 涙の訳
私たちは、何のために、涙を流してる?
明日を作るためだろう。
2016.04/15 防衛機制の隔離
私が抑圧してるのは、生きること、そのために、情緒を隔離している。 情緒が、生きることの象徴だから。
2016.03/15 ベクトル
ベクトルとは、心が向かう動き。私は、先の結果じゃなくて、心の動きを見ているんだ。
2016.02/28 愛とは
思い出したんだ! 「愛とは、理解すること」
2016.02/25 一人の時間
一人の時間は、自分の心のお世話をしている時間。
一人の時間のない人は、自分の心のお世話を他人にして貰っている人かもね。
2016.02/21 気持ち
人の心を動かすのは、人の気持ち!。 理屈や理論も大事だけど、それを心で感じない人間は、 理屈に圧という恐怖を抱いてしまうだけなんだ。
2016.02/21 愛 と 恐怖2
私が、また歩き出す時は、恐怖から愛を取り戻す日なのだろう。
2016.02/21 愛 と 恐怖
愛が先に立つ日々は、心が伴っていて、恐怖が先にたつ日々は、心が遠いよね
愛が先に立つ人は、自分以上に好意を持つ。恐怖が先に立つ人は、自分以上を排除したがる。
2016.02/21 恐怖
「恐怖は目を曇らせる」 昔の私は、わかってた。
今の私の目は、曇ってる。そして、本当に、見えなくなっていた。
2016.02/08 ベクトル
本物の気持ちはベクトルを持っている。私が観ているものは、ベクトル。ベクトルとは、気持ちの強さと方向を示すモノ。
2016.02/01 デザイン と アート
デザインの性質は外部準拠、アートの性質は内部準拠。
2016.01/13 ネガポジ
ネガティブとポジティブは、どちらが良いというものでなく、バランスの問題なのでは。
2016.01/03 封印
封印(抑制)を解けば、魔物(怒り)が吹き出て、私がすさんでいく。美しき世界(抑制界)に戻れば、ニセモノの私。だけど、魔物の正体を 知らなきゃ戦えない。
2015.11/27 依存と自律
人はみな、子供だった。人は皆、依存育ち。大人になった今も、依存は多かれ少なかれ内在している。だから、本当の大人になるためには、自律を意識することが 必要なんだ、お互いを尊重して。
2016.11/25 関わり
現時点では、作品を通して関わる方が、私には心地良い。
2015.11/20 幻想 の 私
私の見ているもの、感じているものを、人に話したとて、それは誰にも理解されずに。私は誰にも認知されずに。
私の存在すら、本当は、生きているのか、死んでいるのかすら、もう、私にも解らない。私は幻想?。
そして、接点のない世界でたった独り、「独り」を噛みしめる。
2015.11/10 望み と 恐れ
望む者が、望まぬ者は、 今の私。 望まぬ者が、望む者は、今の私か?
望む者が、恐れる者は、過去の私。 望まぬ者が、恐れる者は、 未来か?
2015.09/13 親密な関係
本当の「親密な関係(親交)」とは、立場に関係なく対等で、本音で言い合える関係のことなのだ。
2015.08/13 連鎖
老いの痴呆で、退行がおこる。
切り離したあの場所には、まだ、あの時のままの地獄が今も続いていたのだね。苦しんでいるのは私だけじゃないのだね。
2015.05/22 仲間はずれ
もしそれに、攻撃性があれば、外した方に問題があって、攻撃性がない場合は、はすれた方の受け止め方によって、世界が変わるかも。
2015.05/10 嫌悪
仮説。「嫌悪」という感情には、嫉妬が隠れている?
2015.04/20 理解
そうだ、もっと人の気持ちを理解しよう!。私はもっと深く解っていなかった。理解することは悪いことじゃないはずなのに、なんで苦しんできたのだろう?。いつからか、理解すると怖がられると思って、解る自分が苦しかった。だから、壁をつくって、人と距離をおいて。
2015.04/12 過ち
過ちに気づいて、それを「全て」と思い込んで、自分が嫌いになったけど。
自分のままでいいのだ、問題は、自分の存在じゃなくて、あの「無知」な判断だったのだから。
2015.04/04 自責
親に愛されなかった人間が、自分は愛されるに値しないと自分を責めて生きて、愛を受け取れない。そんな私。


これより以前を見たい方は、
光と闇のダイアリー へ