デジタル画像のまめ知識ノートページです。
デジタル画像 まめ知識
color 色彩について

 デジタル画像の色彩は、赤(Red)緑(Green)青(Blue)の三原色からなっています。最終出力がモニタ表示である場合、カラーモデル(モード)はRGBが基本。
(色彩を体系化したカラーモデルには、RGBモデルの他にCMYK、HSBなどがあります。)

sanka RGB sanka

 RGBを各色0〜255で調整しその組み合わせで1,670万色の情報を扱うことが出来る。
rgb_yoko
 他の色の値を0として単色の値を変えると左図→のような感じ。値が大きいほど色が明るい色になる。
RGBカラーモデル2 RGBカラーモデル1  RGBカラーモデルを立方体にイメージすると右の二つの図のようなイメージ。
 R G B の三色が全て 0 だと黒で、全て 255 だと白になる。

まめ 一見、値が増えると濃くなると思いがちだけど、RGBの基礎は光、光は強い方が明るくなるので値が大きい方が明るく(薄く)なるのだぁ。
sanka グレースケール sanka

 グレースケールは、 白から黒の段階を0〜255、または、0%〜100%で表します。カラー表示よりデータの容量が小さいというメリットがあります。3DCGでは、カラーデータ以外のテクスチャ用データによく使用します。マスク画像としても多用します。

(疑問、質問、ご指摘、新情報等、どうか メールにてお寄せください。)

DegiImage (TOP) DI - Resolution, FileType

デジタル画像  :   カラー / 色彩表現 |  表示(出力)解像度 |  保存形式と圧縮 |  2DCG と 3DCG |  ソフトウェア

まめ知識  :   豆知識目次 |  デジタル画像 |  3DCG |  映像 | 
HPコンテンツ  :   Topページ |  黄月家ギャラリー |  3D デジ映像まめ知識 |  About 黄月家 |  問い合わせ
Copyright (C) Nakama / kizuki-ya 

このWebサイトの画像、文章、音声、全ての著作権は Nakama / 黄月家にあります。転載されたい場合は、こちらまでお気軽にご相談ください。