映像 カメラワークのまめ知識ノートページです。
audio-visual まめ知識
camerawork カメラワークについて  (このページの3D画像の作成はLightWave3Dです。)

 効果的な視覚。対象物の感情表現を言葉でなく、カット画像で表現しようと試みるのがカメラワーク。代表的なカメラワークってこんな感じ。
sanka フレーミング sanka

 構図のこと。良い構図は、見ていて落ちつくし、意図的な構図は後の事件を意識させたり・・・。
 構図が変化するカメラワークの場合も、最初と最後はフィックス(止め画)でキメ。

sanka 被写体のサイズ sanka

ロングショット
 環境。被写体の置かれている環境を意識させる。 shot7
フルショット
 被写体の全身。外見、全体の情報が分かる。 shot6
ニーショット
 七分身。衣装や持ち物など雰囲気を意図できる。 shot5
ミディアムショット
 上半身。服装や髪型手の動きが分かる。 shot4
バストショット
 胸上。表情や口の動きなどがわかる。

shot3
アップ
 より詳細な表情や動きを意図する。または他を見せない。 shot1
クローズアップ
 極一部の詳細。柄やしわなどの情報を意図する。
shot2

sanka アングル sanka

shot8 アイレベル
 被写体と同じ高さ。自然な感じ。
shot9 あおり
 見上げる。被写体を美化、偉大に見せる効果。
shot10 ふかん
 見下ろす。小さく見せる、弱く見せる効果。

次のページに続く---
映像 - TOP 映像-カメラワーク -つづき-

映像  :   カメラワーク |  カメラワーク2 |  編集・合成

まめ知識  :   豆知識目次 |  デジタル画像 |  3DCG |  映像 | 
HPコンテンツ  :   Topページ |  黄月家ギャラリー |  3D デジ映像まめ知識 |  About 黄月家 |  問い合わせ
Copyright (C) Nakama / kizuki-ya 

このWebサイトの画像、文章、音声、全ての著作権は Nakama / 黄月家にあります。転載されたい場合は、こちらまでお気軽にご相談ください。