3DCG テクスチャについてのまめ知識ノートページです。
3DCG まめ知識
texture テクスチャについて  (このページの3D画像の作成はLightWave3Dです。)

 テクスチャとは、本来、手触りや感触、模様のことで、3DCGではサーフェイス等に貼るマップや模様のことです。ダイレクトに模様としての意味もありますし、シェーディングパラメータの値の分布図という使い方もします。
 テクスチャは大きく分けて、イメージ画像とプロシージャル(あらかじめソフトウェアで用意された幾何学模様)の2種があります。
まめプロシージャルテクスチャは、とても便利、ソリッド(容積的)タイプもあるので簡単。組み合わせれば、かなりの表現が出来る。ただその設定を他のソフトウェアへエクスポートするのは難しいんだ。

sanka マッピングの種類 sanka

 テクスチャをサーフェイスに貼り付ける方法
Planar Cylindrical Spherical Cubic
平面状
XYZのいずれかの軸の方向に平面状にマッピングする。
planar
円柱状
XYZのいずれかの軸を中心に筒状にマッピングする。
cylindrical
球状
XYZのいずれかの軸を中心に球状にマッピングする。
spherical
立方体状
全ての軸の方向から平面状にマッピングする。
cubic
UV Front
ユーブイ
サーフェイスからUV座標に展開したマップを作成し、マッピングする。
spherical
フロントプロジェクション
選択したサーフェイスの色をカメラから投影された画像に置き換える。合成のときに使う。
cubic
Displacement Bump
ディスプレイメント バンプ Displacement Bump
テクスチャの明暗を元にオブジェクトの形状自体を凹凸状に変形させる。ただ、値を頂点の位置に反映させるので、変形を美しくするためには、オブジェクトの頂点が多い方がいい。
まめ UVマップば、対象物の大きさを直したりしても、いちいちマッピング設定を変えなくてもいいし、込み入った形のオブジェクトにもマッピングできるよ。また、UVをサポートしている他のソフトにエクスポートするときも有用だなよ。
まめ テクスチャ画像の保存形式は、圧縮のある保存形式(保存形式と圧縮)では保存しないよ。なぜって、劣化のある画像を使用すると、できあがるモノはそれ以上に劣化してしまうから。


sanka テクスチャのブレンドモード sanka

 テクスチャをどう使う?。重ねたり・・いろいろなことができる。
テクスチャ画像

テクスチャに使用したが画像
        使用画像
テクスチャなし

テクスチャを使用する前のサーフェイス

No Tx
Normal

正常
単純に貼るって感覚。

Normal
Additive

加算
テクスチャのRGBの値を加える。 Additive
Alpha

アルファ
アルファはマスク的な役目をする。ここでは、カラーテクスチャ画像をNormalに貼って、さらにAlpha画像をかぶせた。
Alpha
---
Alpha画像として使用した画像 使用画像A
Substractive

減算
テクスチャのRGBの値を引く。ここでは50%の値で引いた。

Substractive
Difference

比較
テクスチャとのRGBの差の絶対値。


Difference
Multiply

乗算
テクスチャのRGBの値を掛ける。暗い色つまりRGBの値が低い色に効果がある。 Multiply
Divide

除算
Multiplyの逆、明るい色つまりRGBの値が高い色に効果がある。

Divide
まめ いろんなブレンディングモードを活用して、テクスチャを何枚も重ねて使えば、かなりのことができるよ。
まめ特に、プロシージャルテクスチャを使うときは、1種類だけだと、幾何学模様だけにCG臭さが出てしまうので、他の模様をブレンドすると少しの手間でイイ感じになるよ。
まめイメージ画像テクスチャにプロシージャルテクスチャをブレンドするのもいい手。


sanka テクスチャの使用例 sanka

wing  テクスチャを質感設定に使う?。へぇぇ・・。
 たとえば、羽をテクスチャを使って作ると・・こんな感じ→
使用したテクスチャとそれぞれの効果は、↓こんな感じです。

No Texture  テクスチャを設定する前は、→こんな感じのただのサーフェイスです。
(羽のテクスチャは、最初はIllustratorで毛を一本一本書いて、それをPhotoshopで整形・加工・調整して書きました。)
表↓の項目のシェーディングについてはこちら
項目 使用したテクスチャ テクスチャの効果
Color
(色)
w_txcolor wingcolor
Luminosity
(自己発光度)
今回は、未設定です。
Diffuse
(拡散性)
w_txDiffuse wingDiffuse
Specularity
(反射光)
w_txSpecularity wingSpecularity
Glossiness
(光沢)
今回は、未設定です。
Reflection
(鏡面反射率)
今回は、未設定です。
Transparency
(透明度)
w_txTransparency wingTransparency
Refracton
(屈折率)
今回は、未設定です。
Translucency
(半透明度)
w_txTranslucency wingTranslucency
Bump
(バンプ)
w_txBump wingBump
一つの質感項目に何枚もテクスチャを貼ることもありますが、今回は、分かり易く各1枚に集約しました。また、設定値は、Glossinessは25%で、それ以外は、デフォルトの値で、テクスチャのOpacity(透明度)も100%です。単純にテクスチャを設定すると・・・↑こうなります。実際に使用したサイズはもっと大きいモノです。

(疑問、質問、ご指摘、新情報等、どうか メールにてお寄せください。)

3DCG - Shading 3DCG - Lighting

3DCG  :   モデリング |  質感設定 |  テクスチャ |  ライティング |  アニメーション |  レンダリング

まめ知識  :   豆知識目次 |  デジタル画像 |  3DCG |  映像 | 
HPコンテンツ  :   Topページ |  黄月家ギャラリー |  3D デジ映像まめ知識 |  About 黄月家 |  問い合わせ
Copyright (C) Nakama / kizuki-ya 

このWebサイトの画像、文章、音声、全ての著作権は Nakama / 黄月家にあります。転載されたい場合は、こちらまでお気軽にご相談ください。